ともか: 2013年12月アーカイブ

眠い・・・。

 

昨晩は少し早く帰れたので、家でワインなんて飲んでのんびりしてました。

けっこう寝るのも遅くなってしまったのですが、なぜかメチャクチャ早く目が覚めてしまって、ちょうどやらなきゃいけないこともたくさんあったので、そのまま起きて活動してました(笑)。

 

そしたら今になって眠くなってきちゃった・・・。

いやいやこれから調剤業務ですから、寝るわけにはいきません(汗)。

頑張ります~。

 

そう、今日と明日の調剤業務が終われば、いよいよ冬休みです!

・・・冬休みっていうと学生みたいですね(笑)。

いよいよ2013年も終わりです。

今年の正月もいつもと変わらない過ごし方をすると思いますが、でもやっぱり正月くらいはのんびり過ごしたいので、このままでいいか(笑)。

転職は賭け?

user-pic
0
転職って賭けみたいなものだと思いませんか?
どんな職場なのか、どんな人と働くのか、どんな仕事内容なのか...
実際のところは入ってみないと分かりませんから。
いくら入社前に事細かくリサーチしても、入ってみたら「聞いてない...」と思うことは、残念ながらありますよね。
一般職の人と同じで、専門職である薬剤師の世界でも、転職のときの不安やリスク、悩みは同じです。
ボーナスありと聞いていたのに出なかったとか、忙しくて休みが全くとれないとか、キャリアアップのために転職したのに雑用を押し付けられてばかり、なんて話も...。
学校の体験入学みたいに、体験入社ができればいいんですけどね。
そこで、薬剤師が仕事を探すときにぜひとも利用してほしいのが、薬剤師に特化した転職エージェントです。
薬剤師さんが転職に失敗しないためのサイト
登録が面倒とか、よくわからない会社に個人情報を出すのが嫌とか思うかもしれませんが、薬剤師の業界の転職事情を知り尽くしたプロに頼らない手はありません。
最初の登録はネットか電話で簡単にできます。次にコンサルタントと、希望条件、今後のキャリアプランなどを直接会って伝えます。
在職中で忙しくても、この面談の時間は頑張って確保しましょう。
転職は、第三者の視点や意見が入ること、状況を客観的に見ることが大事だったりします。
エージェントの担当者に話すことで、自分では気づかなかった転職の理由や、次の職場に求めているものが浮かび上がってくることがあります。
面談後は、希望にあった仕事を紹介してくるわけですが、直接会って話をしているので、あまりにも希望から外れたものを紹介されることはないでしょう。
自分で求人サイトの膨大な案件のなかから気になるものを探し出す必要がなく、提示してもらったなかから興味がある求人をピックアップすればよいわけです。
転職エージェントは、その職場で実際に働いている薬剤師さんから状況を聞くなどして、実際の現場の雰囲気などを教えてくれることがあります。
これは転職サイトを見ているだけではなかなか分からない内容なので、参考になることが多いです。
応募するときんは、採用担当の目にとまりやすい志望動機や自己PRの書き方などもサポートしてくれます。
自分の経歴を、より綺麗にお化粧した状態で応募先にアピールすることができるわけです。
薬剤師としてのキャリアを無駄にしないためにも、エージェントを賢く使うことをお勧めします。

このアーカイブについて

このページには、ともか2013年12月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはともか: 2013年11月です。

次のアーカイブはともか: 2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク