輸血について考える

user-pic
0

薬剤師である前に、一人の人間として...なんて重い書き出しになりましたが、「献血」を良くします。

 

もちろんボランティアという意識もどこかにありますが、血の入れ替えをした方がいいという想いもあります!

女性は、一ヶ月に80mlの血液を体外に排出するシステムがありますが、男性にはないですもんね!

それから、時間のある時です。

あえて、「献血」の為だけに出かけて行く様な事はありません。

時間が、次の予定までの間に空いてしまったとか、そういった時に、献血会場が近くにあればやる程度です。

 

でも、この前その献血された血液が「HIV」に感染していて、他の患者に輸血されてしまったなんてニュースを目にしました。

こういった問題...回避出来なかったのでしょうか?

このブログ記事について

このページは、ともかが2013年11月29日 13:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「32年も続いてたんですね」です。

次のブログ記事は「転職は賭け?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク